仮性包茎を治すのに手術とゼファルリンどっちがいいの?

包茎は男性にとって、かなり重大な悩みの一つです。包茎の中でも圧倒的に多いのが、仮性包茎です。包茎人口は70%でそのうちの80%ぐらいが仮性包茎だというデータもあるぐらい、仮性包茎人口は多いわけです。

この仮性包茎ですが治そうと思った時に思い浮かぶのは、まず手術を受けることです。次に何か仮性包茎矯正器具を使うこと、それとペニス増大サプリを使ってペニスを大きくすることで克服するなどの手段が考えられます。

しかしゼファルリンのような増大サプリを服用して克服できるのだったら、手術の失敗や手術痕が残ることで包茎バレの心配もありませんから、精神的にもかなり楽ですね。

仮性包茎を克服するためには手術を受けたほうが良いのか、それともゼファルリンのようなサプリを服用して克服した方が良いのか、悩むところです。

仮性包茎克服のためには、手術とサプリのどちらがいいのか、情報を集めてみましたので参考にしてください。

男性を悩ます仮性包茎とは

包茎の種類は大きく分けると3種類で、真性包茎、カントン包茎、仮性包茎がそれです。どの包茎も亀頭が露出していないということは同じですが、仮性包茎は勃起したときには亀頭の露出が見られたり、自分の手で意識的に皮を剥いて亀頭を露出させることが出来ます。

しかし真性包茎やカントン包茎は勃起しても亀頭が露出することはなく、また自分の手で意識的に包皮を反転させて剥き、亀頭を露出することもできません。

このため仮性包茎は真性包茎やカントン包茎とは違って、「仮の包茎」という意味も含めて仮性包茎といわれています。

仮性包茎には前述のように勃起をすると亀頭が露出する軽度なものから、勃起をしても亀頭が露出しない重度なものまで程度があります。

軽度な仮性包茎は勃起していないときでも手で剥いておくと、その状態をある程度キープできます。しかし重度になるにつれて、手で剥いた状態をキープすることが難しくなります。

仮性包茎になる原因

日本人に多いといわれている仮性包茎ですが、何が原因で仮性包茎になるのかが問題です。しかし原因について医療関係者が語っているサイトは、ほぼありません。

そんな中でも一部の医療関係者が言っていることや、一般的に言われている原因には大きく分けて2つありますから、それぞれについて、説明をしていきます。

オナニーの方法

思春期に入るとほとんどの男子はオナニーを覚えます。誰に教わるわけでもないのですが、本能的にオナニーを始める人がほとんどです。

思春期に入ったばかりの頃ですから、ほとんどの人はまだ包茎のままです。この状態でするオナニーの方法としては、いわゆる皮オナニーになります。

この皮オナニーを続けていると、どうしても皮が伸びてしまい、ペニスの成長よりも皮の伸びの方が勝ってしまった結果、仮性包茎になってしまうということが、一般的によく言われています。

これについては、一部の包茎治療クリニックでも同じことを言っていますから、ある意味では根拠のあることだともいえます。

オナニー過多

オナニーをどのぐらいすると過多になるかといいうことは別にして、オナニー過多になった場合ですが、ペニスを成長させるために必要な男性ホルモンと成長ホルモンのバランスが崩れてしまうといいます。

成長ホルモンは性ホルモンと同じ場所から分泌されますが、オナニーばかりやっていると成長ホルモンの分泌が性ホルモンの分泌に抑え込まれてしまい、ペニスの成長に影響があるといいます。

オナニーの回数ですが、1日にどのぐらいの回数をやると過多になるのかは、個人差があるといいます。どの程度の回数が過多なのかは後になってみないと分かりませんから、毎日3回も4回もしないようにすることも大切です。

それとある意味では成長期にオナニーを定期的にすることは、心身の健全な発育には必要ですから、完全にオナ禁をする必要はないといえます。

仮性包茎のリスク

仮性包茎ですが、なんとなく放置しておいてもよさそうに思えます。しかし放置することによって、なにかリスクはないのかということも心配になります。

実は仮性包茎を放置することによって起きる、代表的なリスクが3つあるといわれています。リスクは自分自身に関わることが2つ、セックスのパートナーである女性に関わることが1つありますのでそれぞれ挙げていきます。

自分自身に関わるリスク

仮性包茎を放置することによって起きる自分自身に対するリスクですが、1つが亀頭包皮炎でもう1つが陰茎ガンです。どちらも亀頭を覆っている包皮と亀頭の間に溜まる、恥垢という物質が原因になっているといいます。

恥垢は皮膚がターンオーバーしたときに出る角質のカスが、皮脂などと交じってできる物質なので、雑菌やヒトパピローマウイルスが生息しやすい環境になっています。

それぞれについて、説明をしていきます。

亀頭包皮炎

亀頭包皮炎とはペニスに炎症が起きる、男性特有の皮膚疾患です。ペニスの色が変わったり、異常に臭くなったり、かなりかゆみが出たりなどの症状が出ます。

場所が場所だけに、恥ずかしいという気持ちが先立ってしまい放置しがちですが、放置しても治ることはほとんどありません。必ず泌尿器科か皮膚科を受診してきちんとした治療を受けないと、患部が悪化してしまい、治療期間が長期に及ぶことがあります。

陰茎ガン

陰茎ガンは、ほとんどの場合扁平上皮にできます。まれに基底細胞ガンや悪性黒色腫、肉腫などが見られますが、全体としては極めて少数派です。

陰茎ガン発症のリスクファクターですが、年齢、喫煙、包茎、ヒトパピローマウイルスなどが挙げられます。

この場合包茎とヒトパピローマウイルスはイコールなのですが、なぜ分けているのかというと、ヒトパピローマウイルスキャリアの女性とセックスをして、ウイルスをもらってしまうケースがあるので、分けてあります。

ヒトパピローマウイルスに感染することは、陰茎ガン発症のリスクファクターの中では最も高いといわれていて、包茎の人の場合発症のリスクは普通の人の10倍だという人もいるぐらいです。恥垢が溜まるからですね。

前述のように恥垢の中は雑菌やヒトパピローマウイルスの生息しやすい環境ですから、やはり包茎は放置できないものだといえます。

パートナーの女性に関わるリスク

包茎男性の恥垢の中にいるヒトパピローマウイルスですが、実は男性本人に対するリスクだけではありません。

セックスパートナーである彼女や奥さんに対しても、子宮頸ガン発症というリスクがあります。では、包茎と子宮頸ガンについて説明をしていきます。

包茎と子宮ガン

包茎男性が恥垢を溜めたままコンドームなしで女性とセックスをすると、恥垢が女性の膣や子宮頸部を直撃します。

この時に恥垢の中にヒトパピローマウイルスが住み着いていると、女性の膣や子宮頸部に感染してしまいます。

ヒトパピローマウイルスは乳頭腫というイボを発症するウイルスで、150種類以上存在することが確認されています。このうち、粘膜に着くタイプのウイルスに感染すると極めて僅かなのですが前ガン症状を発症して、やがてガンに進行してしまう人もいます。

子宮頸ガンは年間に10,000~15,000人の人が発症して、そのうち3,500人の人が残念ながら亡くなっていく怖い病気です。

仮性包茎を治す方法

仮性包茎を放置しておくことはやはり良くないことは分かりましたが、仮性包茎の治し方にはどのような方法があるのでしょうか。

よく言われている仮性包茎の治し方ですが一番ポピュラーな方法としては、やはり外科的な手術で余っている包皮を切除することです。

しかしいくら簡単な手術とはいえ失敗がゼロというわけでもないし、手術痕がまったくないわけでもありません。そのためできれば手術をしたくないという人も、結構います。

そういう人たちに向けてのもう一つの方法としては、ペニス増大サプリを服用して余っている包皮よりもペニスを大きくすることで治す方法があります。

それぞれの方法について説明をしていきます。

クリニックで手術する

仮性包茎を治す手段として、一番ポピュラーな方法はクリニックで手術を受けることです。確かに余っている包皮を切除してしまうわけですから、確実性は高いといえます。

しかし包茎手術にはメリットもあればデメリットもありますから、メリットとデメリットについて説明をしていきます。

包茎手術のメリット

一番のメリットはなんといっても「確実性があること」です。外科的に余っている包皮を切除することで、確実に仮性包茎を治すことが出来ます。

これ以上確実な治療方法はないと言い切れるほど、その確実性は確かなものですから、多少痛い思いをしても良いかもしれないですね。

包茎手術のデメリット

メリットがあればデメリットもあるのが包茎手術です。

デメリットとして挙げられるのは、手術の失敗、手術痕が残って包茎だったことがバレる、術後に不自由な期間がある、などです。

手術の失敗としては「包皮の切り過ぎ」が代表的で、傷が完治しても勃起時に引き攣れたような感覚があることです。時間の経過とともに消えていくことが多いのですが、中には消えないでこの感覚が残る人もいます

手術痕ですがどのような術式を採っても、ゼロというわけにはいかないようです。仮性包茎の手術自体が自由診療ですから保険は利きません。それに加えて手術痕が目立たない術式を依頼すると、かなり高額な料金になりますが、傷跡がゼロにはなりません。

そしてどんな術式を依頼しても必ず術後には、生活上の制約がありますから不自由な期間を覚悟しなくてはなりません。

それと仮性包茎の場合ペニス自体が小さいケースも多いのですが、包茎手術をしたからといって、ペニスが大きくなるわけではありません。

増大サプリを飲む

次にあまり知られていない治し方として、ペニス増大サプリを服用する方法があります。

この方法にもメリットとデメリットがありますから、それぞれについて説明をしていきます。

増大サプリのメリット

増大サプリを服用して仮性包茎を治すメリットは、なんといっても生活上の制約を受けないことと、手術の失敗による違和感や手術痕で「元包茎」がバレないことです。

それに加えて成功したときにはペニス自体が大きくなっていますから、良いこと尽くめになります。包茎手術だけではペニスは大きくなりませんから、目的を達成したときには喜びは倍増します。

増大サプリのデメリット

増大サプリを使って仮性包茎を治そうと思った時、一番のデメリットは「確実性があまりない」という言ことです。

増大サプリにはいろいろな製品がありますが、その効果は人それぞれという部分が大きいので、「誰でも確実にペニスが大きくなる」ということにはなりません。

それと重度の仮性包茎の場合ですが増大サプリが効果的に作用しても、余っている包皮の量よりもペニスが大きくなるとは限りません。

ただしサプリを選ぶことで、かなりこのような不確実性を減らすことは可能です。増大サプリの中でも、高い効果を持っているものを、原始的なやり方ですが口コミなどを見て探すことが必要です。

手術と増大サプリどっちがいいの?

ここまで読んでくると仮性包茎を治すためには、手術と増大サプリのどちらが良いのだろうという疑問が出てきます。

確かに手術にも増大サプリにもデメリットはありますが、確実性を求めるのでしたらやはり手術が良いと言いと思います。

手術の失敗による引き攣れ感があっても、ほとんどの場合時間の経過によって皮が伸びて解消されます。それに手術痕ですが、多少お金がかかっても目立たない術式を依頼すれば、簡単に見抜けないレベルになるといいます。

仮にあまりお金をかけない手術をしても、年単位の時間が経過すると皮膚のターンオーバーなどによって、かなり目立たなくなります。このようなわけですから、確実性を求めるのでしたら手術ということになります。

一方でどうしても手術の失敗が気になる人や、クリニックに行くこと自体が嫌な人の場合ですが、ゼファルリンをはじめとする増大サプリを使って様子を見ることがおすすめします。

ただしいくら様子を見るからといっても短期決戦は考えずに、あくまでも長期持久戦を想定して、最低でも3ヶ月以上の試用期間を設定してペニス増大に挑んでください。