ペニス増大は20代、30代、40代なら早い方が効果的

多くの男性にとって、他の人の大きなペニスは常に憧れの対象になっています。自分もあんなに大きくすることが出来たらいいなと思いますが、あんなふうになるためにはどうしたらいいのか、という具体的な悩みもあります。

具体的な方法として一番手軽で危険性がないのは、やはり増大サプリを服用することですが、服用を始める年齢的にベターなタイミングはいつなのでしょうか?

20代という早い時期が良いのか、40代になってしまったらもう遅いのかなど、いろいろな疑問点が浮かんできます。

そこで増大サプリの服用を始める年齢的なタイミングについて、情報を集めてみましたので参考にしてください。

増大サプリの効果は早ければ早いほど高い

増大サプリを飲み始めるタイミングは早ければ早いほど効果は高いのか? という疑問があります。

そういわれるとなんとなく成長期のうちに飲み始めたほうが良いのかな、という気がしなくもありませんが、まさか10代のうちに増大サプリを飲み始める人はいない、あるいはいても絶対的な少数派でしょう。

そうなると20代から飲み始めるのが良いのか、30代からの方が効果的なのか、40代になってからでも大丈夫なのかが分からなくなってきます。

増大サプリの効果が出やすいのは、実は20代です。でも30代や40代では効果が出ない、ということではありません。

ではいつごろから飲み始めたらいいのか、という服用開始適齢期について考えていきます。

増大サプリを飲み始める時期

ペニスが自然に発育する年齢は、10代の終わりから20代の初めごろまでだといいます。それ以降自然に成長するということは、通常ではありません。

理由ですが人間の成長期が終わってしまうからです。成長期が終わると伸長も伸びなくなりますし、性徴にもそれ以上の変化はあまりなくなります。ペニスも同じで、成長期が過ぎると長さや太さに大きな変化は出なくなります。

この成長期が終わった時点で増大サプリの服用を始めることが、タイミングとしてはベターだといいます。

理由ですがサプリの成分中のシトルリンやアルギニンの作用で分泌された成長ホルモンが、より効果的にペニスの海綿体に存在する毛細血管の細胞代謝をしてくれるからです。

成長期が終わったころの年齢になると、成長ホルモンや男性ホルモンは体を成長させるためや、性徴を確かなものにするために使われるのではなく、体の各器官が必要としている部分や細胞の代謝を活発化するために効率よく使われます。

ということは、一酸化窒素の効果で血行と血流が改善された結果、勃起時に流れ込む大量の血液で膨れ上がったペニスの海綿体に存在する血管の細胞も、きわめて活発に代謝してくれますから増大効果はより確かなものになります。

ところが加齢とともに体の各器官には、多かれ少なかれダメージが出てしまいます。こうなると成長ホルモンは、ダメージを修復する細胞の代謝に使われる量が増えますから、20代の時のようにペニスの血管細胞に使われる量が減ってしまいます。

このため増大サプリの服用を始めるのでしたら、体の修復のために成長ホルモンが消費されない若いうちの方がより効果的だといえます。

40代以降は効果が期待できないの?

では40代になってしまってから増大サプリの服用を始めても、あまり効果はないのかというとそれはありません。

理由ですがゼファルリンのような増大サプリが促進する成長ホルモンの量は、人体の修復をしてもお釣りがくるからです。

さらにスッポンやマムシ、マカやトンカットアリなどの強精効果で、衰えていた精力が増強されて性欲が亢進されますから勃起力が回復しますし、勃起の頻度が高まります。つまりセックスをする回数が増えます。

勃起している時間が長く頻度も多いと、シトルリンやアルギニンの血行や血流の改善作用との相乗効果で、ペニスの海綿体に存在する毛細血管が膨れ上がります。

一度膨れ上がった毛細血管は勃起が収まっても完全には元に戻りません。つまりある程度膨れたままになります。この状態で細胞の代謝が起きると、血管は大きくなったままの状態で新しい血管になっていきますから、増大効果が期待できます。

ただこの時の細胞の代謝能力が、20代や30代に比べるとやや低下するだけですから、少し効果が落ちるのかなという感覚になるだけです。

つまり40代や50代になったからといって、増大サプリの効果がないということはありませんから、安心してサプリの服用を始めてください。ただし若い人たちが3ヶ月で効果を感じるのでしたら、効果を感じるまでの期間は少なくても1.5倍の4.5ヶ月ぐらいはみておくべきです。

俺は年だから無理だろうとあきらめずに、増大サプリにチャレンジしてください。