L-トリプトファンの摂取量の目安、効果と摂りすぎた場合の副作用

L-トリプトファンは結構いろいろなペニス増大サプリや精力剤に配合されていますから、比較的ポピュラーな物質といっても良いと思います。

なぜL-トリプトファンを多くのサプリメーカーが選んで配合しているのか、L-トリプトファンにはどんな健康効果やペニス増大効果があるのか、かなり興味があります。またもし副作用があるすると、どんな症状が出るのかなどという疑問もあります。

L-トリプトファンに関わる興味や疑問について、情報を集めてみましたので参考にしてください。

ゼファルリンに配合されているL-トリプトファン

L-トリプトファンとはどのような物質なのか、どんな健康効果があるのかなどといった基本情報を説明していきます。

その前になぜ「トリプトファン」ではなく、「L-トリプトファン」なのかということを先に説明しておきます。

L-トリプトファンは必須アミノ酸の一種なのですが、実はアミノ酸にはD型とL型があります。基本的な性質はどちらも同じなのですが、摂取して吸収されるのはL型のみです。

現在分かっている範囲だとD型を摂取しても、尿や便に混じって排泄されてしまいます。このためD型アミノ酸を持っている生物は、地上には存在しないといわれています。

しかしなぜD型アミノ酸が吸収されないのかという理由は、現時点でははっきりはしていません。という訳で、D型アミノ酸についてはいまだ研究中なのでサプリに使われているアミノ酸は、すべてL型になっています。以下、文中ではL-トリプトファンを単純にトリプトファンと表記していきます。

トリプトファンの基本情報

トリプトファンとは必須アミノ酸の一種です。人体を構成しているアミノ酸には2種類あって、一つが必須アミノ酸といって、体内で合成できない種類のものです。必須アミノ酸は9種類あります。もう一つが非必須アミノ酸といって、体内で合成できる種類のもので、11種類あります。

このため必須アミノ酸は積極的に食事などで摂取しなければ、健康面で様々な弊害を引き起こします。もちろん、男性機能についても同じです。

ただし非必須アミノ酸の中のアルギニンは、体内での合成量が不足気味なので、必須アミノ酸と同じように食事などで摂取する必要があるので、準必須アミノ酸といわれています。

このためアルギニンを必須アミノ酸に分類することもあり、その場合は必須アミノ酸が10種類、非必須アミノ酸も10種類という分け方になります。

トリプトファンは乳製品や大豆、ナッツ類や肉類、魚介類などのタンパク質に多く含まれています。トリプトファンはセロトニンという神経伝達物質の原料となりますから、鎮痛・鎮静効果があります。

セロトニンが不足すると睡眠障害や抑鬱状態、不安感の増大などという症状を引き起こしますから、トリプトファンは常に一定の量を摂取している必要があります。

このためにトリプトファンは一部の催眠剤や鎮静剤にも配合されているぐらい、効果の高いものとして知られています。

これがトリプトファンの概略です。

摂取量の目安

一般的なトリプトファンの摂取量ですが、体重1kgに対して2mgという数値になります。体重が60kgの人の場合だと120mgということになります。この量は健康状態が普通の人の場合で、なにかの症状を改善しようとした場合には、より多く摂取する必要があります。

例えば注意欠陥障害改善のためには300~500mg、不眠症改善には500mg、肥満改善には300mg、抑鬱の改善のためには1,000 ~1,500mgの量が必要だといわれています。

しかし別の説だとこの量ではあまり健康効果は期待できず、1,000mgは摂取する必要があるとも言います。

現代人は何らかのストレスを抱えていますから、この量が必要なのかもしれません。ちなみにどの数値も、1日の摂取量になっています。

トリプトファンの効果

トリプトファンを実際に摂取した場合、どのような効果があるのか気になります。

健康に対する効果にどのようなことがあるのか、精力増強やペニス増大にはどのような効果があるのか、以下に挙げてみました。

アンチエイジング効果

トリプトファンは体内で発生した活性酸素を除去する働きがありますから、細胞レベルの段階から劣化することを防いでくれます。

脳内に入ったトリプトファンはいったんセロトニンになり、その後メラトニンになります。メラトニンは若返り薬といわれているぐらい、アンチエイジング効果があります。

活性酸素除去作用とメラトニン合成によって、二重のアンチエイジング効果があります。もちろんアンチエイジングは、男性機能に対しても高い効果があることは言うまでもありません。

鎮痛効果

トリプトファンを摂取すると結果的にセロトニンの量が増えますから、痛みに対する耐性が高まるため、鎮痛効果が発揮されます。

集中力と記憶力を高める効果

トリプトファンはセロトニンの他にも、ドーパミンやノルアドレナリンという神経伝達物質を作る素になっています。

ドーパミンとノルアドレナリンはホルモン調整に関わっていて、気分を高揚させてやる気を引き出してくれますから、集中力や記憶力を高めてくれます。そのため行動障害や抑鬱症状の改善効果もあり、さらにセックスに対しても前向きな精神状態を作り出してくれます。

不眠症改善効果

トリプトファンは脳内で神経伝達物質であるセロトニンを作り出す素になっていますから、トリプトファンを摂取するとセロトニンの量が増えます。

セロトニンは興奮や不快感を鎮めて精神を安定させてくれますから、寝つきを良くしてくれる効果があります。

それと精神を安定させることは副交感神経を優位にしてくれますから、リラックス効果があるので、精神的要因で勃起不全になっている場合、改善効果も期待されています。

精力増強やペニス増大効果

トリプトファンはシトルリンとの相乗効果で、ペニス増大効果を期待されています。シトルリンの持っている血管拡張作用と、トリプトファンが持っている質の良い睡眠による成長ホルモン分泌促進作用が相乗効果を発揮すると、ペニス増大効果につながります。

シトルリンによって拡張した血管の効果で、ペニスの海綿体に圧ある血液量が増大して、血管が膨張気味になりますし、トリプトファンの効果で質の良い睡眠から得られた成長ホルモン分泌促進効果で、ペニスの海綿体が大きくなる効果が期待されています。

このため多くのペニス増大サプリには、シトルリンとトリプトファンの両方が配合されています。

トリプトファンの副作用

トリプトファンの副作用ですが、一般的には何も起きないといわれています。必須アミノ酸の一種なので、普通に食事をしていれば間違いなくある程度の量は摂取していますから、その状態では副作用の症状が出ることはありません。

しかし過剰摂取をしてしまうと、はやはり弊害は出るようです。

摂り過ぎた場合

トリプトファンを摂りすぎると、どんな症状が出るか気になります。副作用が出るとするとどんな症状なのか、重篤な症状は出ないのかどうか、かなり気になります。

以下に、トリプトファンの過剰摂取による副作用の症状を挙げてみました。

軽い症状

トリプトファンの過剰摂取で起きる副作用で軽い症状としては、胸やけ、胃の痛み、下痢、嘔吐、頭痛、眠気、筋力低下、性機能異常などがあります。

このような症状が出た場合は、すぐに服用を中止して医師に相談をしたほうが良いですね。

重篤な症状

トリプトファンの過剰摂取によって起きたと考えられる重篤な症状として、「好酸球増加による筋痛症候群」というものがあります。

好酸球というものですが、白血球の一種で「好酸性」に染色されるので、この名前がついています。正常な場合だと白血球の数%しか存在しませんが、何らかの理由によって増えてしまうと自分の体のどこかを痛めつけてしまいます。

軽い症状としては風邪やインフルエンザに罹ると、関節痛や筋肉痛を起こすことがありますが、病気によって好酸球が増えた結果だといいます。この程度でしたら放置しておいても、やがて好酸球の数が減っていきますから自然に治ります。

しかし重度の場合になると、臓器不全を引き起こすこともありますから、死に至るケースもあります。アメリカで実際に起きたトリプトファン過剰摂取による事件として、被害者1,500人以上、死者37人に及んだ例があります。

この被害者の人たちは、サプリでトリプトファンを摂取していたことが、アメリカ食品衛生局によって報告されています。ただしどの程度の量を摂取していたのかは、はっきりとしていません。

それと1日あたり6,000mg以上の量を継続的に摂取してしまうと、ノルアドレナリンの分泌を抑制してしまうため、集中力の欠如や抑鬱症状が出ることがあるといいます。

いずれにしても過剰摂取は避けるべきで、用法と用量は説明書に書かれている量を遵守した方が賢明です。

サプリの場合は効果を求めて、つい過剰摂取しがちなので注意が必要です。

トリプトファンが配合された増大サプリや精力剤

トリプトファンを配合したペニス増大サプリや精力剤は、かなり数多くあります。その中でも有名なのは、ゼファルリン、ベクノールEX、バリテイン、ヴィトックスαなどがあります。中でも評価が高いのは、ゼファルリンです。

ゼファルリンは、成分の配合がバランスよくされています。他のサプリも似たような成分を配合しているのですが、配合バランスが違ってきます。

ゼファルリンに配合されているシトルリンとアルギニンが持っている特性と、トリプトファンの持っている特性の相乗効果でペニス増大してくれるのですが、効果は配合バランスがポイントのようです。

ゼファルリンは配合している成分は公表していますが、配合バランスは未公表です。その理由はまねをされたくないということですから、やはり配合バランスには独自のものがあるといえます。

ペニス増大サプリは精力剤よりも配合をデリケートにしなければ、効果的に各成分を生かすことが出来なくなるといわれています。

口コミという原始的な方法ですが、ゼファルリンの評価ではわずか1ヶ月の間に精力増強をしっかり感じたうえで、わずかながらもサイズアップを果たした人もいますから効果は期待できると思います。

ただし効果には個人差があることは確かなので、最低でも3ヶ月間は使用を継続した方がよいでしょう。