ゼファルリンでペニスが大きくならない人の間違った飲み方

医薬品などでよく言われることですが、「間違った飲み方」ということがあります。この間違った飲み方は、ペニス増大サプリにも共通するのでしょうか。

例えばゼファルリンを使ってペニス増大をしようとしたときに、その飲み方に間違いというものがあるのかどうか、疑問があります。

もし間違った飲み方があるとすれば、どのような飲み方なのか、そんな飲み方をするとどうして効果が出ない、あるいは出づらいのかなどかなり気になることがあります。

そこでゼファルリンの飲み方について、情報を集めてみましたので参考にしてください。

ゼファルリンの間違った飲み方

いろいろなサイトで、間違えたサプリの飲み方について語られています。その中にはゼファルリンの飲み方についても、いろいろ間違えた飲み方を指摘しています。

しかし本当に間違えた飲み方なのかというと、実はそうでもない部分と、もしかしたらそうかもしれないという部分が混在している可能性があります。

そこでよく言われている代表的な「間違えた飲み方」について、考えていきます。

お茶やコーヒーと一緒に飲む

体調を崩して病院へ行くとほとんどの場合、医師が薬の処方箋を出してくれます。その処方箋を持って薬局に行くと、医師の処方した薬を薬剤師が出してくれます。

薬剤師は外用薬の場合は塗り方や使い方、飲み薬の場合は飲み方や注意事項を伝えてくれ、さらに「あなたのお薬」などというタイトルがついた説明書を薬と一緒にくれます。

説明書の飲み方の欄には、服用するタイミングと量、それに「水かぬるま湯で服用してください」という注意書きがあります。つまり、「お茶やコーヒーでのんではいけません」という意味です。

ではゼファルリンを服用するときにも、「お茶やコーヒーで飲んではいけません」という注意は当てはまるのでしょうか。

ゼファルリンをお茶やコーヒーで飲んではいけないということは、いろいろなサイトで言っています。本当にお茶やコーヒーでゼファルリンを飲んではいけないかどうか、考えてみましょう。

お茶やコーヒーで飲んではいけない理由

お茶やコーヒーでゼファルリンを飲んではいけない、というよりもお茶やコーヒーで飲むことで効果が非効率的になってしまう理由があります。

その理由ですが、お茶やコーヒーにはカフェインが含まれているからです。カフェインには強い利尿作用がありますから、結果的に有効成分が体外に排泄されてしまうため、効果が非効率的になってしまうのでお茶やコーヒーで飲むことはいけないといいます。

ただしお茶やコーヒーの作用で、どの程度の量の有効成分が体外に排泄されてしまうのかは、はっきりと検証されているわけではありません。

お茶やコーヒーで飲んでも大丈夫だという理由

ゼファルリンの主成分のほとんどが、天然の動植物です。ということはゼファルリンを服用すること自体、食事をすることとあまり変わりがないことになります。

食事をした後でお茶やコーヒーを飲むことは、ある意味では当たり前ですから、お茶やコーヒーでゼファルリンを服用することに何の問題もないことになります。

医薬品の場合だと、カフェインと作用してよくないこともありますが、ゼファルリンのように天然の動植物が主成分になっている場合は関係ないから気にすることはない、という考え方もあります。

アルコールを摂取した後に飲む

何らかの理由で医師から薬を処方してもらったときに、お酒で飲む人はいません。ある意味では、お茶やコーヒーで薬を飲んではいけないということよりも、薬をお酒で飲んではいけないということのほうが、強く浸透しているからです。

では、ゼファルリンもお酒を飲んだ後などに服用してはいけないのでしょうか? このことについて考えていきます。

アルコールを摂取した後に飲んではいけない理由

前の項でお茶やコーヒーに含まれているカフェインの強い利尿作用が、ゼファルリンの有効成分を体外に排泄してしまうから、効果は非効率的になると説明をしました。

実はアルコールを摂取した場合にも同じことが起きます。アルコールの利尿作用はカフェインの利尿作用とは違うメカニズムで、体内の抗利尿ホルモンの働きを抑制してしまうため、尿の量が多くなってしまいます。

この時に血中にあるゼファルリンの有効成分を排泄してしまうため、やはり効果が非効率的になってしまうということが理由になっています。

ただしこの場合も有効成分がどの程度体外に排泄されてしまうのか、はっきり検証されているわけではありません。

アルコールを摂取した後に飲んでも大丈夫な理由

これも前項で説明してありますが、ゼファルリンの有効成分のほとんどは天然の動植物になっています。そのため、お酒を飲むときに摂取する「酒の肴」と同じようなものになります。

お酒を飲むときには多くの場合、肉や魚、それに野菜を調理したものを食べます。また寿司や刺身のような生物も食べます。

しかしお酒を飲んでトイレに頻繁に行くという行為を毎日繰り返していても、栄養失調や栄養不足になることはありません。ということはそれほど多くの栄養素が排泄されている、ということはないといえますから、アルコール摂取後にゼファルリンを摂取しても大丈夫だといえます。

一気に飲む

ゼファルリンはカプセルと錠剤の2種類を飲むことで、精力増強とペニス増大の効果を発揮するようになっています。

この2種類を「一気に飲んではいけない」、ということが言われています。理由はカプセルと錠剤に含まれている成分の作用にあります。

そのため一気に飲まないで、それぞれのタイミングで飲むことがより効果的だとされています。

カプセルを飲むタイミング

まずカプセルですが、トリプトファンが配合されています。トリプトファンは体内でセラトニンやメラトニンに代謝されます。セロトニンとメラトニンはどちらも脳内神経伝達物質で、精神を鎮静・安定させてくれる効果がありますから、質の良い睡眠を確保できます。

質の良い睡眠は成長ホルモンの分泌を促してくれますから、細胞の代謝を活性化してくれるので全身の器官を正常に維持してくれます。このため体は常に活性化することになりますから、精力を強く保つことが出来ます。またペニスの細胞の代謝も活性化するので、増大効果も期待できます。

ということでカプセルを飲むタイミングとしては、就寝前がベタ―だというわけです。

錠剤を飲むタイミング

一方の錠剤ですが、主成分にはシトルリンが配合されています。シトルリンの効果としては、体内で一酸化窒素の生成を強力にサポートすることにあります。

一酸化窒素は血管の平滑筋を弛緩させて血管を拡張する効果がありますから、血行と血流を大幅に改善してくれます。

この結果として、体の末梢の血管にまで血液が行き届くので、細胞が活発に代謝するために必要な栄養素が確実に届きやすくなって、体が活性化します。精力増強効果はこうして得られます。

それとペニスの海綿体に存在する血管にも血液が大量に流れ込みますから、血管が膨張気味になるので増大効果を期待できます。

このため錠剤を飲むタイミングとしては、日中に飲んだほうが効果的だという人もいます。

まとめ

ゼファルリンを服用するときの注意点としては、水かぬるま湯で飲むこと、お酒を飲んだ直後に服用しないこと、カプセルと錠剤を一気に服用しないことなどが挙げられます。

これらの理由ですが、お茶やコーヒーで服用するとカフェインの利尿作用で有効成分が排泄されてしまうからです。お酒を飲んだ直後に服用しないという注意点も同じ理由なので、お酒を飲んでから2時間ぐらいは間をあける必要があります。

また、カプセルと錠剤にはそれぞれ作用の違う成分が配合されていますから、それぞれの効果が違うので飲むタイミングがあります。

カプセルにはトリプトファンが配合されていますから、質の良い睡眠によって成長ホルモンの分泌を促すために就寝前の服用が適しています。一方の錠剤ですがシトルリンやアルギニンが配合されていますので、血管の拡張作用をより有効にするためには、日中の服用が適しています。

このような理由があるので、これを守らない飲み方を「間違えた飲み方」といっています。しかし厳密に検証しているわけではありません。「このほうがより効果的ですよ」という感じで受け止めてください。

ゼファルリンは基本的に医薬品ではありません。前にも書いたように有効成分のほとんどが、天然の動植物ですから、ある意味では食品のようなものです。食事の時間にしても、忙しいとずれてしまうこともあります。

結論としてはより良い効果を求める人は、「間違えた飲み方」をしないように注意すると良いでしょう。ただ間違った飲み方を意識しすぎて、飲み忘れてしまうのが効果を下げる1番の原因になるので注意して下さい。