なぜゼファルリンでペニスは大きくなる?仕組みと効果の持続期間

ゼファルリンでペニスを大きくしようと思うけれど、なぜペニスが増大するのか、というところが今ひとつよくわからないし、一度大きくなったペニスはそのまま維持できるのか、というところにも疑問を感じます。

確かに口コミなどの評判はいいのですが、本当の効果については使ってみなければ分からない、ということがあります。その時にペニスが増大する仕組みを知っておけば、なんとなく安心できます。

そんなゼファルリンのペニス増大の仕組みや、一度大きくなったペニスはどの程度維持できるのか、ということについて情報を集めてみたので、参考にしてください。

ペニスが大きくなる仕組み

ゼファルリンでペニスが大きくなるのは、いったいどんな仕組みなのか興味があります。というより、絶対に知っておきたいことです。

ゼファルリンでペニスが増大する理由は、配合されている成分にあります。遊離アミノ酸の一種であるシトルリンや、活性アミノ酸といわれているアルギニン。それに脳内神経伝達物質の中でも、「脳内幸せホルモン」といわれるほど精神の安定効果を持っている、セロトニンとメラトニンを作り出してくれるトリプトファンなど三者の相乗効果によります。

シトルリン、アルギニン、トリプトファンが生み出してくれる代表的な効果を挙げていきます。

シトルリンとアルギニンの代表的な効果

シトルリンの代表的なペニス増大効果としては、血管の拡張作用があります。シトルリンは体内で一酸化窒素生成を強くサポートして、増産させる役割を持っています。

一酸化窒素は血管の平滑筋に到達すると、c-GMP(環状グアノシンリン酸―Cyclic guanosine monophosphate)という物質を増やして、平滑筋を弛緩させます。その結果血管は拡張して、血行と血流は大幅に改善されます。

この血管拡張作用は体の末梢の血管にまで及びますから、ペニスの海綿体に存在する毛細血管にも拡張作用は及びます。

この効果でペニスに流れ込む血液の量が平常時はもちろんですが、勃起時には今までは考えられなかったほどの量になります。

そうなると海綿体の血管は膨れ上がり、いわゆる膨張した状態になります。勃起が収まってもいったん膨れ上がった血管は完全にもとに戻りませんから、ペニスは増大することになります。これを高頻度で繰り返している、自然にペニスが増大する結果になります。

またシトルリンには、成長ホルモンの分泌を増進してくれる効果があります。成長ホルモンは成長期の子供にはもちろん欠かせないものですが、大人になってからでも各器官を正常に維持していくためには欠かせません。

各器官を正常に保つということの中には細胞の代謝も入っていますから、膨張したペニスの海面体に存在する毛細血管の代謝も受け持ってくれます。このため、いったん太くなった血管の維持が可能になります。

アルギニンにも全く同じような効果があって、体内での代謝によって一酸化窒素の生成をサポートすることと、成長ホルモンの分泌を促してくれます。

ちなみに血行と血流が良くなると、末梢の毛細血管にまで血液が行き届きますから、細胞が活発に代謝するために必要な栄養素が確実に運ばれてきます。この結果として、体自体が活性化するので精力増強につながっていきます。

トリプトファンの代表的な効果

トリプトファンは体内に摂りこまれると脳内で代謝して、セロトニンとメラトニンを作り出してくれます。どちらも脳内神経伝達物質で別名を幸せホルモンというぐらい、精神が安定する効果があります。

精神が安定することによる2つの大きな作用があって、1つは自律神経の働きを正常に保ってくれることで、もう1つが質の良い睡眠を与えてくれる効果です。

どちらもホルモンバランスをしっかり調整してくれる効果があり、特に質の良い睡眠は成長ホルモンの分泌を促してくれますから、シトルリンやアルギニンが持っている作用と相乗効果を発揮して、細胞の代謝を活発化してくれます。

この結果ペニスの海綿体に存在する毛細血管の細胞も活発に代謝してくれるので、増大効果につながっていきます。

ちなみに精神を安定させて自律神経を正常に保ってくれますから、精神的なストレスが原因の勃起不全、早漏、遅漏などの症状改善効果もあります。さらに男性ホルモンの分泌も正常になりますから、精力増強の効果も期待できます。

ペニスの大きさを決める要因

日本人のペニスの大きさですが、一般的に言われている勃起時の平均サイズは12cm~13cmです。これ以下だと小さいペニスだということになります。

ではペニスの大きさが決まる要因や理由ですが、いったいどのようなことなのかといわれると、意外にも知らないことに気づきます。

そこでペニスの大きさが決まる要因だとよく言われている、5つの理由を挙げていきます。もしこの理由を取り除くことでペニスを大きくできれば、これに越したことはありません。ペニス増大サプリの効果を、より高めてくれることにつながります。

遺伝的要因

人が10人集まれば背の高さや顔の作りがそれぞれ違っていることは、ある意味では当たり前です。それぞれの両親から受け継いだDNAの違いが、そのままその人の外見に現れるからです。また体の強さも、両親のDNAである程度は決まっています。

これと同じようにペニスの大きさも、DNAの影響を受ける先天的な要因はありますから、10人集まればその大きさは10通りということになります。

ただペニスの大きさは遺伝的要素が100%ではなく、ある程度後天的な要因も加味されて決まるところが、体の他の部分とは少し違いがあります。

ホルモンによる要因-1

ペニスの大きさが決まる要因には、後天的な要素もかなりあります。その一つとして成長ホルモンと男性ホルモンの量的な問題があります。

成長ホルモンは成長期に体を大きくするうえで絶対に欠かせない物質ですが、成長してからも細胞の代謝には欠かせません。細胞が活発に代謝することで、各器官は正常に機能しますし、必要に応じて大きくなります。

この成長ホルモンは就寝中に一番多く分泌されます。特に22:00~02:00の時間帯に一番多く分泌されますから、最低でもこの時間帯の中の2時間ぐらいは寝ていることが必要です。

ホルモンによる要因-2

男性ホルモンという物質は、ペニスの大きさにかなり影響します。性徴といって、男性らしい体つきを作ってくれる働きがあるからです。

筋肉質でガッシリした体を作ることや、ペニスの大きさも男性ホルモンの影響です。成長期からスポーツをやって、勝ち負けにこだわってきたアスリートに大きなペニスの人が多いのは、運動による刺激と勝ち負けにこだわることで脳への刺激が常にあるので、男性ホルモンの分泌が多いからだといわれています。

血行と血流が要因

体全体はもちろんなのですが、ペニス自体の血行と血流が多いとペニスは大きくなります。逆に少ないと、大きくなることはありません。

平常時のペニスへの血行や血流が多くなることはさほど効果的ではないのですが、勃起時に大量の血液が流れ込むと海綿体に存在する毛細血管の1本1本が膨れ上がります。

いったん膨れ上がった血管は、勃起が収まってももとの太さにはならず、やや膨らんだままになりますから、ペニスが大きくなります。これは勃起している時間が長ければ長いほど、勃起する頻度が多ければ多いほど血管が太くなります。

経験のある人もいると思いますがセックスを高頻度でしていると、なんとなくペニスが大きくなったように思うのはこのためですし、この時は実際に大きくなっています。ただし男性ホルモンが不足している、高頻度でセックスをする気にはなれません。

栄養素が要因

ここまで見てくると、男性ホルモンの影響はかなりあることが分かります。男性ホルモンを高効率で分泌させるためには、運動をして体を鍛えることがポイントです。

高タンパク低脂質で、亜鉛などのミネラル分が豊富な食事をして、筋肉や心肺機能に影響するような運動をして男性ホルモンの分泌量を高めることが重要です。

しっかりバランスのいい食事を摂って、しっかり運動をして男性ホルモンの分泌を高めて、高頻度でセックスをすることで後天的にペニスを成長させる効果があります。

ゼファルリンでペニスが大きくなる理由

ペニスが大きくなる理由は「ペニスが大きくなる仕組み」の項で書きました。ではゼファルリンはこの要件を満たしているのか、という疑問が出てきます。要件を満たしてれば、それがペニス増大の理由です。

ゼファルリンにはシトルリン、アルギニン、トリプトファンがバランスよく配合されていますから、しっかり要件を満たしているといえます。

それだけではなく、スッポンやマムシ、マカやトンカットアリなどの強精効果のある成分もしっかり配合されていますから、強い性欲を引き出してくれます。

この結果セックスやオナニーの頻度が高まって、ペニスに集まる血液量が圧倒的に増えます。さらにシトルリンやアルギニンの血管拡張作用による、血行・血流の改善との相乗効果を発揮してペニスの毛細血管を膨らませますから、ペニス増大効果はかなり期待できます。

そしてトリプトファンがもたらしてくれる質の良い眠りが、成長ホルモンの分泌を促してくれますから、万全の体制でペニス増大の理由を作りあげています。

ゼファルリンの効果の持続期間について

ゼファルリンを服用してペニスが大きくなったと仮定したときに気になるのは、どの程度の期間その効果が持続するのか、ということです。

服用を止めた途端ペニスが小さくなってしまうのか、それとも大きくなったペニスは永遠にそのサイズをキープできるのか、非常に気になります。

ゼファルリンのペニス増大効果の持続期間について、情報を集めてみましたので参考にしてください。

効果はどれくらい持続するの?

ペニス増大の方法の一つに、「クリニックで増大手術を受ける」という方法があります。ペニスにヒアルロン酸などを注射で注入する方法です。

しかしヒアルロン酸自体体内に存在する物質なので、この方法だと一定期間で吸収されてしまいますから、やがて元のサイズに戻ってしまいます。このためサイズをキープするためには、定期的にヒアルロン酸を注入しなくてはいけません。

しかしゼファルリンでペニス増大をすると、海綿体の血管を太くすることが効果の主体なので、いったん太くなった血管がもとに戻るまでには相当な時間が必要です。

そのため効果持続時間は人によって違いが出ますが、半永久的だと考えられます。

ペニスは小さくなるの?

ではいったん大きくなったペニスが小さくなることはあるのかどうか、といいう疑問が出てきます。

その答えですが、基本的には再び小さくなることはありません。普通に生活をして、普通にセックスをしていればサイズをキープすることは十分に可能です。

要するに、勃起している時間をある程度キープしていれば、小さくなることはないということですから、普通に仕事をして、普通に運動をして、普通に食事をして、セックスをしたくなったら普通にしていればいいというわけです。あまり心配しないようにしましょう。