一度大きくなったペニスは元に戻らないので注意

ペニス増大サプリを使って、憧れの大きなペニスを手に入れたけれど、ちょっと大きくなり過ぎてしまい彼女に苦情を言われてしまったので、少し小さくすることはできないかな? こんな悩みを持っている人もいます。

しかし一度大きくしてしまったペニスは、果たしてサイズダウン可能なのか、それとも二度ともとには戻らないのか、かなり気になります。

そこでペニスを大きくするときの注意点などについて、情報を集めてみましたので参考にしてください。

ペニスを大きくする際の注意点

ペニスを大きくする方法は、チントレ、手術、ペニス増大器具、ペニス増大サプリの服用などいろいろな方法がありますが、ここではサプリの服用に限定してペニスを大きくするときの注意点を考えていきます。

信頼性の高い製品を選ぶ

まずサプリですが信頼性の高いものを選ぶことが、最大のポイントになります。現在流通しているペニス増大サプリの数は、相当な種類があります。外国産の製品を輸入して流通させているものもあれば、日本国内で生産をしてそれを流通させている製品もあります。

別に外国産が悪いというわけではありませんが、国内生産の製品は日本人の体質に合わせて成分調整をしたり、厳しい生産管理がされていたりするのでかなり信頼性は高いといえます。

一方の外国産ですがどこまでの信頼性があるのか、やや不透明な部分があることは否めません。成分調整も決して日本人向けというわけではありませんから、粗悪品ではなくても体質に合わない場合には健康に影響が出ることも考えられますから、ちょっと怖い気もしますね。その点を踏まえて、信頼感の高い製品を選びましょう。

使ってみないと効果は分からない

では信頼性の高い製品だったらどれでも高い効果が期待できるのか、という単純な疑問があります。しかし残念ながらその答えはNOです。

実際に自分に効果があるのかどうかということは、使ってみなければ分かりません。誰か他の人に効果があったからといって、必ず自分にも効果があるとは限らないからです。

それと効果が表れる期間についても同じで、他の人は1ヶ月ぐらいで効果が出たからといって、必ず自分も1ヶ月で効果が表れるということはありません。もしかしたら3ヶ月以上効果が表れないこともあり、4ヶ月目から突然効果が表れることだってあります。

ただ効果があるとか、あまり効果はないなどということは、原始的な方法ですが口コミや評判などを読むと、あくまでも参考程度ですがある程度は把握できます。あまりにもひどい口コミばかりが掲載されている場合、やはりそれなりなのかなという判断の助けにはなるからです。

増大したペニスは元に戻らないので注意

冒頭の「大きくなり過ぎた」人のようになってしまった場合ですが、基本的にはもとに戻すことや希望のサイズまでダウンさせることはほぼ不可能です。

理由ですがペニスを大きくするメカニズムに原因があります。ゼファルリンを始めとするペニス増大サプリの多くは、シトルリンやアルギニンを配合しています。

この2つの成分には体内で生成される一酸化窒素を増やす効果があって、その一酸化窒素の働きで血管の平滑筋を弛緩させて血管を拡張、血行と血流の大幅な改善をします。

この結果勃起時にペニスの海面体に存在する毛細血管に流れ込む血液の量は、それまでとは比較にならないほど大量になるので、毛細血管は膨れ上がります。

いったん膨れ上がった血管は完全には元通りにならず、少し膨れたままの状態になります。これを高頻度で繰り返すと、ちょっと大げさですけれど血管はたるんだ風船のようになっていきます。

それにシトルリンにもアルギニンにも、成長ホルモン分泌促進効果がありますから、成長ホルモンの量が増えて細胞の代謝が活発になり、たるんだ風船のような血管の細胞を代謝してくれます。

この場合、もとの小さかった時のサイズになるのではなくて、膨らんだ状態で細胞が代謝されますから、極端な言い方をするとペニスが大きくなった状態に生まれ変わる感じになります。

この結果いったん大きくなったペニスは、基本的にはもとに戻すことや都合よく希望するサイズまでダウンさせることはできないわけです。

逆に言うと普通に生活をしていて普通にセックスをしていれば、ペニスのサイズは簡単にキープしていけることになります。ただ、相当長期間勃起や射精とは縁のない生活をしていると、次第に小さくなる可能性はあります。

服用をやめるタイミングがポイント

では大きくなり過ぎないようにするためには、どうしたらいいのかという問題です。その答えは「服用を止めるタイミング」をしっかり見極めることです。

そのタイミングをきちんと把握する手順は、以下の通りになります。

サイズの把握と目標サイズの設定をしておく

ペニス増大サプリの服用を始める前に、平常時の長さと太さ、フル勃起時の長さと太さをしっかり測って記録しておきましょう。

この時にどの程度の大きさにしたいのか、目標を設定します。日本人の標準値だといわれている勃起時のサイズ、12cm~13cmにするのか、これよりすこし大きめの15cmぐらいまで頑張るのか決めておきます。

服用を始めてからは、1週間単位で記録を取るようにします。1週間では不足だという人は、3日単位でもかまいません。

試してみる

セックスパートナーのいる人は、ある程度目標値に近づいてきたときにセックスをして、女性にそれとなく感想を聞いてみると良いですね。

大きすぎることで女性が苦痛を覚える前に、どの程度のサイズが良いのかを知ることが出来ますから、程よいところで服用を止めることが出来るからです。

いったん服用を止めて様子を見る

目標値に達したとか、女性が程良いと感じる大きさになったら、そこで服用をいったん中止してサイズの変化をみます。小さくなることはまずないのですが、もし細胞の代謝が完ぺきではないなどの理由でサイズダウンするようなことがあれば、もう少しの期間服用をしながら様子を見ます。

このような手順で服用を止めるタイミングをしっかり把握して、大きくなりすぎで女性に嫌われることを防ぎましょう。