バイアグラやポゼットの増大効果や副作用は?

一部でED治療薬であるバイアグラや、早漏治療薬であるポゼットにペニスの増大効果があるようなことが言われています。

もし増大効果があるのだったら、バイアグラやポゼットを使いながらペニスを大きくすることが出来るので、まさに一石二鳥ということになります。

しかし本当にペニス増大の効果があるのか、また副作用はないのかなど、とても気になるので情報を集めてみました。

ED治療薬バイアグラについて

ED治療薬といえば、まず思い浮かぶ薬品名に「バイアグラ」があります。歴史が長いからですね。

しかしバイアグラは本来狭心症の治療薬として開発がすすめられた医薬品で、その臨床試験の途中でペニスに対して強い勃起作用のあることが分かったという経緯があります。

1998年にアメリカで発売開始がされると、日本にも輸入代行業者によって入ってくるようになってきました。

ペニス勃起のメカニズムですが、ペニスの海綿体の血管に血液を集めるために重要な働きをしている、環状グアノシン1リン酸があります。環状グアノシン1リン酸はペニスを刺激することで形成され、海綿体を弛緩させる作用があって、そのために血液が海綿体の血管に流れ込んで勃起をします。

しかし5-ホスホジエステラーゼという酵素があって、これが環状グアノシン1リン酸を分解してしまい、EDが発症します。

バイアグラの有効成分中のシルデナフィルは、5-ホスホジエステラーゼの働きを阻害する作用があるため環状グアノシン1リン酸が本来の役割を果たせるようになるので、ペニスが正常に勃起できるようになります。これが、バイアグラのメカニズムです。

副作用はあるの?

バイアグラは1日に1回しか飲めませんし、服用後24時間置かなければ再度の服用をしてはいけないというルールがあります。

副作用としては顔の紅潮、血管拡張、頭痛、動悸、腹痛や消化不良などが代表的な症状です。副作用が出たら、すぐに医師に相談をして使用量を減らすとか、一時服用を中止するなどの措置が必要です。

増大効果はあるの?

バイアグラには血管拡張の効果があるので、一見するとペニス増大効果がありそうですが、実はあまり期待しないほうがよさそうです。

理由ですが、バイアグラの効果は服用後5~6時間で効力がなくなってしまうからです。ゼファルリンをはじめとするペニス増大サプリのように、常に血管拡張作用があって血行と血流が確保できていれば効果はあるのですが、24時間のうちの5~6時間ではあまり効果は期待できません。

早漏治療薬のポゼットについて

ポゼットは早漏治療薬のプリリジーのジェネリックです。

ポゼットの効果メカニズムですが、有効成分として配合されているダポキセチンの作用によるものです。

ダポキセチンは脳内でセロトニンの量を増やす効果があります。射精は脳内のノルアドレナリンが増えることで起きますが、セロトニンを増やすことでノルアドレナリンの作用を抑えることが出来るため、射精までの時間を3~4倍に伸ばすことが可能になっています。

副作用はあるの?

ダポキセチンは副作用の少ない医薬品だといわれていますが、場合によっては症状の出る人もいます。主な症状としては、下記の通りです。

  • 頭痛、眩暈
  • 吐き気、下痢
  • 起立性低血圧
  • 不眠、疲労感

これ以外にも極めて稀なのですが、蕁麻疹や睡眠障害を起こすケースもあるようです。もしこのような症状が出た場合、医師と相談をして、今後服用を続けても大丈夫かどうかを判断してください。

増大効果はあるの?

早漏に効果があるということは勃起時間が長くなるので、ちょっと考えると海綿体の血管を太くする効果があるように感じます。

しかしその効果は5~6時間ですから、その間勃起しっぱなしにできるわけではないので、それほどの効果があるとはいえません。

早漏改善には良い医薬品だといえますが、ペニス増大効果まではあまり期待しないほうがよさそうです。